不倫相手と復縁する方法10選と男性心理

不倫関係で別れてしまった場合、復縁するのは難しいだろうとあきらめてしまうケースが多いです。

でも、男性も不倫相手の女性と復縁したいと感じていることがよくあります。

ここでは、不倫相手と復縁したいと思う男性心理や、不倫関係だった相手と復縁するための方法不倫から復縁したいときのNG行動などをまとめています。

また、不倫として関係を続けるうえで勘違いしないでおきたいことも最後に述べていますので、不倫だけど復縁したい、復縁したらできるだけ長続きさせたいと思う方はぜひ一読ください。

【9/20(日)まで】
LINEの復縁占いが無料!
 復縁の可能性は何%?
 いつ復縁できる?
 今なにをしたらいいの?
LINEであなたの復縁運を無料で占います! ※LINE友だち追加ページが開きます

不倫が復縁しにくいといわれる3つの原因

不倫関係の相手と別れたのちに復縁するのが難しいといわれるのには、以下の3つの原因があります。

・既婚者が中心の関係である
・当事者以外の理由で別れる可能性がある
・男性と女性で目的が違うことがある

この3つについて詳しくまとめましたので、なぜ復縁しにくいのか、原因を追及していきましょう。

既婚者が中心の関係である

二人とも既婚者の場合、関係はある程度、平等なものかもしれません。しかし、一方が独身で、もう一方が既婚となると、既婚者の事情を中心に関係が進むのが不倫ならではの関係です。

この場合、既婚者の事情が最優先となり、独身者はどうしても我慢を強いられがちです。

さらに、既婚者に子どもができたりして家庭に目覚めてしまったときに、不倫関係を解消したいと言われてしまうこともあり、そうなったときに反論の余地がないため、復縁が叶いにくいことがあります。

当事者以外の理由で別れる可能性がある

「不倫がバレた」「バレそうになった」「子どもができた」など、二人の恋愛感情とは別に、のっぴきならない事情から別れを強いられることが多いのも不倫の恋の特徴です。

当事者の気持ちは無関係となってしまうため、気持ちがあっても別れる、好きだけど別れるということになってしまいます。

二人が仲違いして別れたのではありませんが、不倫の場合、バレてしまうと家庭の崩壊や訴訟といった大きな出来事になる可能性が高くなります。

大事になるよりは穏便に済ますために別れを選ぶと、復縁したくてもできないというジレンマに陥る人は多いでしょう。

男性と女性で目的が違うことがある

女性は不倫にも恋愛を求めがちで、体の関係だけでなく、普通の恋人同士のようにデートを楽しみたいと思う人もいます。

一方で不倫する男性の多くが、まず第一に体の関係を目的に不倫関係を始めます。

同じように不倫関係を望んでいても、男女で目的が違うために、どちらかが欲求不満を感じてしまうと復縁はうまくいきません。

「不倫の定義が違う」ということを念頭に置いて復縁に臨むと、復縁してからも、もめごとにならずに済みます。

不倫相手と復縁したいと思う男性心理

次に、別れた不倫相手と復縁したいと思う男性心理についてまとめました。

男性側が既婚者の場合はとくに、女性はどんなふうに復縁に向けてアプローチすればいいか悩むと思います。

具体的な方法も後述しますが、ここではどんなときに男性が不倫相手と復縁したいと感じるかを知ることで、復縁のタイミングを図るのに役立ててください。

欲求不満になったとき

男性が不倫相手に求める第一義が「体の関係」であることはすでにお伝えしました。

女性は子育てが始まると急に「母親」という生き物になるといわれます。なにを置いても子どもを最優先するようになるのですが、男性はいつまでも自分をまず可愛がってほしいという気持ちがあります。子どもに嫉妬する男性もいます。

しかし、そのような態度は母となった女性の気持ちを逆なでし、「あなたも父親なんだから」と意識の低さを指摘されますが、それではますます男性は欲求不満になります。

このような家庭生活のなかで、家庭以外に居場所を求め、刺激や快楽や承認欲求を満たしてほしいために不倫相手と復縁したいと感じる男性はたくさんいます。

家庭生活がマンネリ化しているとき

隣の芝生は青いという言葉があるように、人はついないものねだりをすることがあります。

家庭生活が穏やかなことをマンネリと感じるようになると、外に刺激を求めて不倫をしたいと感じる男性は多いでしょう。

不倫関係にもマンネリを感じて別れた場合、家庭生活に戻ってはみたものの、やはり家庭にもマンネリを感じ、もう一度不倫をしたい、不倫相手と復縁したいと思うようになります。

甘えたいとき

恋人同士の間は甘えが許されたのに、結婚すると急に女性が甘えを許してくれなくなることがあります。

男性は仕事上でも年々責任の重い役職を任せられるようになることが多いですが、それに加えて家庭でも責任を押しつけられたり、弱音を吐くことを許されないでいると、どこかに甘える先を求めて不倫したいと感じます。

これまでよりも責任が重くなるときこそ、自分を甘やかしてくれる不倫相手とヨリを戻したいと思う男性は多いでしょう。

不倫相手を思い出すとき

「別れる男には花の名前を一つ教えておけ」と聞いたことはありませんか。その花を見たときにあなたのことを思い出してくれるからという話です。

これと同じように、場所や数字、車、色、名前、なんでもいいのですが、自分を思い出させるきっかけとなるものを男性に覚えさせておくといいかもしれません。

不倫バレした場合など、素直な男性は家庭を大切にしようと心を入れ替えますが、ふとしたきっかけで不倫相手を思い出し、また会いたくなることもあります。

「ふとしたきっかけ」となりうるものをいくつも作っておけば、どれかに引っかかって復縁に向かって動き出すでしょう。

別れてからいい女だと気づいたとき

失って初めて気づく、という人間の悲しい性を感じたことのある人は多いと思います。別れてからいい女だと気づいたとき、男性は不倫相手と復縁したいと感じます。

しかし、この場合の男性心理には2パターンあり、
・愛人でなく恋人にしたいと思った
・不倫相手として最適だと思った
どちらのパターンかは人それぞれです。

本当に好きになって、配偶者と別れてでもやり直したいと感じることはどちらかというと少なく、多くの男性は「不倫相手としてどんなに素晴らしい女性だったか」に気づきます。

また不倫したくなったとき

不倫バレが原因で別れた場合、男性は配偶者を傷つけたことや家族の信頼を失ったことを深く反省し、二度と不倫しないと誓ったりもします。

しかし、周りに不倫している人がいたり、絶対にバレないからなどと甘い言葉をかけられるとすぐに自分を正当化して、また不倫したいと思うようになります。

心の底で現状に満足できていなかったり、自分はもっと与えられるべきだと思っている男性が多く、このようなタイプは抜け道を示唆してあげることで復縁に前向きになります。

バレなければ続いていた関係だから、と別れたこともなかったことにして、不倫関係を再開させられます。

ストレスが大きいとき

仕事や家族間のことや健康に不安があるなど、これまでより大きなストレスを感じたときに不倫相手と復縁したいと感じる男性も多いです。

そもそも不倫したのは家庭では満たされなかったからなので、さらに負荷のかかる状況になると余計に家庭以外で満たされることを考えるようになります。

一度目の不倫が男性に安らぎを与えていたなら、大きなストレスを感じるようになるとすぐに復縁できます。

承認欲求を感じたとき

「認められたい」という欲はだれにでもあるのですが、大人になると「できて当たり前」と言われてしまったり、それ以上を求められ、褒められる、認められる機会が減ります。

承認欲求が認められず、仕事上だけでなく家庭内でも「パパなんだからしっかりしてよ」「もっと考えて」と追い詰められると、不倫相手との復縁を考えるようになります。

不倫相手に甘える、よしよししてほしいなど、幼稚な言動の多い男性はこのタイプです。

褒められたい、認められたいと思いながらもその欲求が満たされないことの方が多いですので、相手がこのタイプならいずれ復縁できるものと思っていいでしょう。

配偶者と離婚したとき

離婚が不倫したことと直接的な関係があってもなくても、配偶者と離婚すると、男性は不倫相手との復縁を考えます。

とくに、親権が配偶者のものとなり、突然子どもから引き離された場合は、寂しさを紛らわしてくれる存在を求めて復縁したいと願うようになります。

離婚の原因が自分でも配偶者でも、一人になって寂しい気持ちに変わりはありません。もともと家庭に不満があって外に快楽を求めていたのに、家庭すら失って追い詰められているため、早急に復縁したいと感じるでしょう。

また、離婚した以上は不倫でなく、普通の恋人となることもありえます。結婚したいと考えている女性は恋人としての交際スタートに向けてアプローチするとうまくいきます。

不倫から復縁するための方法10つ

不倫相手との復縁が難しいと言われている一方で、男性側もさまざまなシチュエーションで復縁したいと望んでいることがわかりました。

では、不倫相手と別れてから復縁するための具体的な方法を10つお伝えします。時系列になっていますので、今、自分がどの段階にいるか考えながら見ていってください。

①別れるときにすがらない

まだ別れていないけど、なんとなく別れそうな予感がする……という段階にいる人は、別れ話のときに絶対にすがらないようにしてください。

不倫であっても情はわくもの。付き合いが長ければ長いほど、別れるのは苦しいと思います。

ですが、不倫という関係性であることを理解し、男性の事情を聞き、受け入れてあげましょう。受け入れてもらえないと、男性は「不倫なのに」といらだちを感じ、あなたと二度と会いたくないと思わせてしまいます。

別れるという決断を受け入れるのは、このとき女性にできる男性への最大のサポートです。

自分をサポートしてくれた女性のことは「いい女」として記憶に残るため、復縁の伏線を張ることができます。

②冷却期間は6ヶ月以上が基本

普通の恋の場合、冷却期間は別れた原因などによって異なり、1ヶ月や3ヶ月など比較的短い期間になっていますが、不倫で別れたなら冷却期間は6ヶ月以上取ってください。

もし男性が「バレそうだから」と言わなかったとしても、配偶者の女のカンを舐めてはいけません。完全に息を潜め、関係がないことを証明するための期間を取ることが重要です。

③別れの原因を明確にする

別れの原因が「バレたから」「バレそうだったから」というのは理解できますが、それでもやはり、家族より自分を選んでもらえなかったことや、まだバレてない段階で別れを告げられると、実はほかにも理由があるのでは?と勘ぐる女性もいると思います。

実際、もしかするとあなたに原因があり、男性が不倫関係を解消したいと思った可能性もあります。

冷却期間の間に、男性が自分と別れたいと思った本当に理由について考えておくのはいいことです。冷却期間が明けたあとに、復縁への行動を移しやすくなります。

どんな原因が考えられるか、一般的に言われる3つの原因を挙げておきますので、自分と相手の別れの原因がなんだったか考えるときの参考にしてください。

愛人と恋人の違いを理解していない

男性と女性で不倫の目的が違うことが復縁を難しくしている一因であることはすでにお伝えしました。

このように、男性側は女性を「愛人」ととらえており、女性側は男性を「恋人」ととらえていたとすると、言動のひとつひとつに違いが出てきます。

たとえば、男性の誕生日を当日に祝いたいと言ったり、二人きりで旅行に行きたいと言ったとき、女性は恋人だから当然と思うかもしれません。

しかし、男性は愛人がそこまで踏み込まないでほしい、誕生日は家族のイベントだからそっとしておいてほしいと感じていたかもしれません。

目的の違いに気づき、自分は愛人でいい、不倫でいいと割り切れるのであれば、冷却期間が明け、男性と連絡を取ったときにはっきりと伝えましょう。

不倫が面倒くさくなった

面倒くさがりな男性は多数います。不倫はとても繊細な関係で、一度でもバレればすべてを失う可能性もあります。

初めは刺激を求めて不倫が楽しかった男性も、不倫に慣れてくると、家族への言い訳を考えたりバレないように工作するのが面倒に思えてきます。

このタイプの人は細やかさが足りないためそもそも不倫に向いておらず、女性を大事にすることよりも、自分が大事にされたいだけのことも多いでしょう。

復縁したい女性は、冷却期間を長めに取り、男性がまた新たな刺激を求めているときに復縁を持ちかけましょう。その間に、新鮮さを与えるためにイメージチェンジしておくと気を引きやすくなります。

家庭を大切に思った

子どもができる、配偶者が病気になるといった家族間での大きな出来事を通じて、これまで以上に家庭の結びつきを感じるようになり、家庭を大切にするために不倫をやめる男性もいます。

男性は基本的に家族を守るためなら命を捨てることもできるほどの覚悟を持っているため、この時期に復縁話を持ちかけてしまうと敵と見なされ、一生会うことすら許されなくなるかもしれません。

今は家庭を大切にしている男性を陰で応援しつつ、自分の人生を男性抜きで充実させることを考えましょう。

人生は長く、男性もまた、子どもが思春期を迎えたり、さまざまな出来事があるなかで、復縁したいと感じるときも来るかもしれません。熱しやすく冷めやすい男性なら、その時期は以外にすぐに訪れることもあります。

そのときに恥じない自分でいるようにしましょう。

④連絡を取る

6ヶ月以上の冷却期間が明けたなら、連絡を取りましょう。

このとき、あまり親しげな内容を送るともしかしたら不倫がバレてしまうかもしれません。仕事仲間や古い友人を装い、さりげない挨拶を送るようにするといいでしょう。

いつまでも既読がつかない、返事が来ないときは、ブロックされている可能性があります。一週間待って返事がなければ一度だけ電話をかけてみましょう。着信拒否設定されているかも、と思ったなら、誰かから電話を借りるか、公衆電話からかけるという手もあります。

電話をかけるなら、本当に困っていることで相談を持ちかけると相手も聞いてくれやすくなります。「ほかに頼れる人がいなくて」「○○が出てくれて助かった」と言うと、頼られていると感じてくれます。

とはいえ、あまりしつこく連絡しないようにするのもポイントです。

⑤相手の言葉に踊らされない

「○○のことを気にしていたよ」「いつも会いたいと思ってた」

連絡がついたなら、このような甘いだけの言葉に踊らされないようにすることも大切です。

本当に気にしていたり、会いたいと思っていたとしても、行動に移せないのであれば意味がありません。それは、「結婚したいと思ってる」と言いながら別れる気がない男性の常套句です。

感情的な言葉を真に受けず、本当に会えるかどうか、復縁できるかどうかといった事実を引き出すようにしてください。

⑥気がないようなふるまいをする

男性は不倫相手の女性のことを、「いつでもまた会える」「いつでもまた寝れる」と思っていることが多々あります。そして、手中にあると感じているからこそ、飼い殺し状態にしておくのです。

女性が不倫関係で対等になる、もしくは優位に立つには、時折気がないようなふるまいをすることも必要な駆け引きといえます。

「あなたなんていなくても生きていける」ということを端々に見せておくと、男性は焦って女性をなんとかつなぎとめておこうとするようになります。

いつも男性の言いなりになりがちな人は、「あなたがいないと生きていけない」と言わず、自分の言いたいことも時には言って、自立した部分を見せるといいでしょう。男性にあぐらをかかせないことが大事です。

⑦話は親身に聞く

基本的に不倫関係を求める男性は寂しくて疲れています。誰も自分の話を聞いてくれないと思っていたり、甘えられない、認められないことを辛く思っています。だからこそ、あなただけは話を親身に聞いてあげてください。

男性は体の関係だけを求めると思われがちですし、本人もそう思っていることも多いのですが、実際は性的な時間には心の休息も含まれています。

復縁したいなら、徹底的に男性を肯定し、自信をつけさせるような言葉をかけてあげましょう。このプロセスは男性に復縁したいという気持ちを奮い立たせるものとなります。

⑧感情は抑える

男性は理論立てて物事を考える傾向が強いため、感情的な言動を好みません。とくに、女性の涙やヒステリーを見るとうんざりするという男性もいます。

復縁するまでは、どんなに辛くても涙や怒りをなるべく抑えるように心がけましょう。

感情的な言動を見せられると、男性はその女性のことを、なにを言い出すかわからない危険因子ととらえてしまいます。

不倫関係を再開したら、感情的になったときに突然バラすのではないか、暴挙に出るのではないかとハラハラし、復縁を考えることができなくなります。

いつも冷静でいることはできないかもしれませんが、心がけておくだけでも違いますよ。

⑨男の影を見せる

狩猟時代に狩りをしていたことから、男性はよりいい獲物を探すことを本能的にしています。女性で言ういい獲物とは、ほかの男性も狙っている女性のことです。

そのため、復縁が近づいていると思ったときは、ほかの男の影をちらつかせてみましょう。ほかの男も狙うほどいい女、と思えば、男性はどうしても自分が狩りに出たいと思うものです。

⑩協力者になる

復縁するなら絶対にバレないように協力すると約束しましょう。

女性が非協力的だと、男性はいつバレるかという不安を一人で背負うことになります。

二人でバレないようにしようね、と言ったときの共犯めいた響きも不倫の恋を燃えあがらせてくれます。チームやタッグを組むという意識を持たせるようにすると、お互いに愛情も芽生え、大事にしようと考えるようになります。

不倫から復縁したいときのNG行動

不倫関係で別れたのちに復縁したいなら、やってはいけない行動があります。

普通の恋なら許されることでも、不倫関係となるとタブーとなってしまうこともあるため、慎重になってほしいポイントを3点挙げました。

脅して強制的に復縁させる

「復縁してくれないならバラす」など、不倫バレを条件に復縁を迫るのは脅しです。男性は復縁に応じるかもしれませんが、強制的にさせられた復縁で女性を大事にしようと思える男性は皆無に等しいでしょう。

また、復縁する方法でも書きましたが、不倫関係を潤滑に進めるためには、お互いに不倫バレしないように協力することが大切です。男性は女性に心を許し、さまざまな特権を与えるようになります。

逆に女性がいつ不倫をバラすかわからないという不安があると、男性の心はかならず離れていきます。そのため、不倫バレしたくないなら復縁しなさい、と脅して強制的に復縁させても、長続きする交際にはなりません。

自分の気持ちを押しつける

冷却期間中に、「もし復縁したら○○したい」といった欲求が生まれるのは当然のことだと思います。ですが、この欲求をそのまま男性にぶつけるのはやめましょう。

「○○が欲しい」「○○へ行きたい」「○○したい」というのは、自分を主とした考え方です。これはただ自分の気持ちを押しつけているだけだと気づきましょう。

繰り返しになりますが、男性は甘えたり、認められたり、褒められたいから不倫したいのであって、女性のわがままを聞いてあげたいわけではありません。まずは、あなたから男性に与える発想をしてください。

「○○してあげたい」という考え方になると、今度は相手が主となります。この考え方は男性を満足させることに繋がり、男性が満足すれば、女性を大事にする余裕が生まれます。なにかが欲しいときこそ、先に与えることを考えましょう。

結婚してほしいなど無理な要求をする

不倫の関係で、「結婚したい」という要求は基本的に御法度とされています。この言葉を言われてしまうと、言われたほうは「結婚できない」と思いながらも、あなたをつなぎとめるために「結婚したいけど、今はできないよ」などと嘘をつくことになります。

さらに、結婚したいといった無理な要求をたびたびしていると、それだけで面倒な女性と思われてしまい、別れを告げられるかもしれません。

たとえ結婚したいと思っていても、配偶者のいる男性に対して無理な要求をするのはやめておきましょう。結婚どころか、現段階でそのような話をしてしまうと、復縁すらも叶わなくなってしまいます。

復縁しさえすれば、その先の未来がどう変化していくかはわかりません。まずは復縁のために、初めから結婚を前提にするというのは控えておきましょう。

復縁できても勘違いしてはいけない不倫の関係

不倫の恋では、復縁は新たな波乱のスタートともいえます。不倫バレしないように協力したり、相手の家庭を守るために我慢することも多々あるでしょう。

今は復縁できないことで悩んでいるため、復縁さえできれば穏やかで幸せな日々が待っていると思いがちですが、実際に不倫関係で復縁すると、別れていたときよりもいろいろと頭を悩ませることもあると覚悟しておいてください。

それでもなお、不倫だからこそ居心地がいいと感じる人もいるでしょうし、どうしてもこの人でなければならないという相手がたまたま既婚者だったということもあるでしょう。

お互いの立場をわきまえ、勘違いせずに慎重に交際を続けていれば、二人だけにしかわからない幸福を共有することができるはずです。

まとめ

不倫相手と別れたからといって、一生復縁できないと苦しむ必要はありません。男性も同じように不倫相手と復縁したいと思っていることもよくあります。

不倫という特別な事情のために、

  • 既婚者が中心の関係である
  • 当事者以外の理由で別れる可能性がある
  • 男性と女性で目的が違うことがある

といった理由から復縁は難しいと思う人も多いでしょう。

しかし、不倫相手との間に十分な冷却期間を持ち、適切な距離感で連絡を取ることで、復縁は可能です。

また、「不倫バレで脅さない・気持ちを押しつけない・結婚を迫らない」という3つのポイントを守ることで、男性から信頼を得、復縁を近づけていくことができます。

既婚者であっても最愛のパートナーには変わりありません。どんなに困難な恋であっても、二人が幸せになれるよう、心から応援しています。

【9/20(日)まで】LINEの復縁鑑定が無料!
 復縁の可能性は何%?
 いつ復縁できる?
 今なにをしたらいいの?
LINEであなたの復縁運を無料で占います! ※LINE友だち追加ページが開きます

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事