復縁するのに冷却期間が必要というのはなんとなく分かったけど、どのくらい置けばいいんだろう」と不安に思う方、多いと思います。

それどころか、「そもそも私は冷却期間が必要なのかな」「できることなら冷却期間なんて置かずに復縁したい」「冷却期間を置いた後は何をすればいいの?」といった疑問や願望も湧いてきますよね。

そこで本記事では、

  • そもそも冷却期間が必要な理由とは?
  • 冷却期間はどのくらい置くのがベストか?
  • 冷却期間を置く必要がないのはどんな時か?
  • 冷却期間中にやらなければいけないことは?
  • 冷却期間を置かずに復縁する方法は?

などなど、冷却期間で復縁を成功させるための知識について幅広くまとめています

ちなみに、冷却期間を単に「何もしなければいい期間」だと思っていませんか?

もし心の中で"Yes"となった方は、復縁の可能性を自ら下げてしまうかもしれません。

冷却期間を置くのも大切ですが、復縁を叶えるためには冷却期間中にやることや冷却期間が終わった後にやることも知っておく必要がありますよね。

なので

  • 冷却期間中にやらなければいけないことは?
  • 冷却期間を終えた後にすることは?

本記事では以上2点についても補足としてまとめています。

冷却期間についての学びを広い範囲で深め、あなたの復縁の大きな手助けとなればとても嬉しいです。

もくじ

復縁に冷却期間が必要な理由

復縁できる環境を作るためです。

そもそも、冷却期間とは"彼の中にある「嫌い」「付き合いたくない」という感情が薄れるまでこちらからは何もアプローチをしない期間"を表します。

基本的には、カップルの別れには「嫌いになった」「付き合いたくなくなった」といったネガティブな気持ちが男女どちらか・もしくは両方に存在します。

ネガティブな気持ちを持った異性にいくら正しいアプローチを行っても、強引にアプローチをしても、恋愛感情をふたたび芽生えさせることはとても難しいです。

そのため彼に恋愛感情が芽生える余地ができるまで、こちらからの行動を控える必要が出てきます

以上が、復縁に冷却期間が必要な理由です。

冷却期間を置かずに失敗したパターン

正直、大好きな彼とは今すぐよりを戻したいですよね。

冷却期間を置くなんてなかなかできる気がしないと思います。

ですがそれでも冷却期間は意識するべきでして、冷却期間を無視すると時には取り返しにつかないことになる場合も。

以下に、冷却期間を置かずに復縁に失敗してしまった方のエピソードを簡単に載せます。

私はとにかく束縛がひどく、彼に相当うんざりされました。

彼に別れようと何度言われても私は嫌だ嫌だとわめくばかりで..

結局、何を送っても既読無視でそのまま別れることになりました。

本当ならそこで冷却期間を置いて耐えるべきだったのですが、こんな私です。

1週間もたたずに我慢できなくなり、何度も連絡したり電話しました。

気がつけば連絡先は全てブロック。

彼のSNSをその後見つけたのですが、ブロックされた1週間後に新しい彼女と付き合ったみたいでした。

共通の知り合いいわく、彼は私と向き合う気持ちがちょっとはあったようなんです。

ただ、最後の最後まで私の自分勝手な行動が、彼の中に残っていた私に対するわずかな想いさえも消し去ってしまいました。

あの時、冷却期間を置く勇気が私にあったら..と、1年たった今でも後悔します。

冷却期間を置かないということは、自ら復縁の可能性を潰してしまうことと同じなんですね。

冷却期間は男性心理に有利に働く

復縁したい相手が男性の場合、冷却期間は特に大切さが増します

なぜなら、男性は時間の経過とともに「嫌い」という感情を「忘れる」生き物だからです。

女性の場合は、昔あった辛い出来事や苦しい感情を細かく覚える傾向にあります。

一方で男性はネガティブな感情を忘れる傾向にあるので、冷却期間を適切に置くことで彼の中に宿る負の感情をリセットすることができるのです。

男性が思い出に恋しやすいと言われるのも、嫌な思い出だけ忘れて良い思い出だけが残りやすいからです。

男性心理の観点で見ても、冷却期間が復縁を引き寄せる大きな要因になりうるわけですね。

復縁できるベストな冷却期間

冷却期間が復縁の大きな手助けになることが分かっていただいたところで、本題の「復縁に成功するには冷却期間をどのくらい置けばいいのか」について触れていきます。

結論から言うと、復縁できる冷却期間は人によって違います

どのくらい冷却期間を置けば良いかの目安は、別れた原因で判断することができます。

別れた原因によっては、あなたと彼に必要な冷却期間は"1年"かもしれませんし、反対に"0"かもしれません。

以下に、どのくらい冷却期間が必要になるかを"別れの原因別で"まとめています

別れた経緯と照らし合わせながら、必要な冷却期間を知りましょう。

冷却期間が”2週間”必要になる別れの原因

  • 些細な喧嘩から勢いで別れを切り出された(切り出した)
  • 彼の嫉妬で別れを切り出された(切り出した)

以上に当てはまるような別れの原因があれば、冷却期間は2週間程度で大丈夫です。

ちょっとしたすれ違いによる別れはすぐに修復できる

本当に些細なことだったにもかかわらず喧嘩して別れた場合は、お互いまたは一方が感情的になりすぎていただけということがほとんどです。

ちょっと時間が経過すれば、「あそこまで怒る必要なかったな」と冷静になるもの。

2週間ほどたってお互い感情が落ち着いたころに「ごめんね」と歩み寄ることができれば、相手も「俺の方こそごめん」と歩み寄ってくれます。

むしろ時間を置きすぎると気まずさが増し、すぐに修復できた関係も修復できなくなってしまう恐れがあります。

彼に未練がある場合はすぐに復縁できる

"嫉妬で別れを切り出す"といった、明らかに彼に未練があるような場合は2週間程度の冷却期間でOKです。

例えば、「他部署の年下の男と仲良くしているのが彼は気に入らず別れを切り出してきた」や「他の男性からLINEがあり、通知画面に男性の名前が表示されているのを見られて別れを切り出された」など。

わざと彼を嫉妬させたりするような行動を取るのはNGですが、彼が突発的に嫉妬し別れを切り出してきた場合は冷却期間をあまり置かずとも大丈夫でしょう。

冷却期間が"1ヶ月"必要になる別れの原因

  • 彼が大事にしている一人の時間を奪い別れを切り出された
  • 自分の浮気がバレて別れを切り出された
  • 気まずさやぎこちなさ・素でいられないことに耐えられず別れを切り出された(切り出した)

こうした別れの過程があった場合は冷却期間を1ヶ月ほど置く必要が出てきます。

男性はとにかく自分の時間が命

男性は、付き合うまではとにかく自分の時間を好きな人のために使います。

しかし、付き合うことができた途端、自分の時間を最優先で生活するようになるんです。

彼の時間を奪って別れに至った場合は、今後付き合ったら絶対に彼の時間は奪わないという変化や気持ちを見せることが必要になってきます。

別れてからすぐに「もう時間は取らない」と伝えても、なかなか信用を得るのは難しいです。

そのため1ヶ月ほどは冷却期間を設けることが大切になってくるでしょう。

浮気は時として"追いかけたい"と思わせることも

浮気をして男性から振られるのは、「悔しい」というプライドが原因になっていることが多いです。

「悔しい」と感じるのは、裏を返せば「本当は自分のものにしたいし、付き合いたい」という感情があります。

彼の熱が冷めないうちにアプローチすることが大事になってくるので、1ヶ月ほどの冷却期間であれば大丈夫でしょう。

もちろん、男性によっては深く傷つく人だっています。

深く傷ついた場合は恋愛感情が一気に冷めてしまうこともあるので、そのあたりは彼の様子を見ながら冷却期間を調整していく必要が出てきます。

冷却期間が"3ヶ月"必要になる別れの原因

  • 事あるごとに束縛や重い言動をぶつけた
  • 彼の仕事の都合で別れを切り出された
  • 些細な喧嘩の積み重ねで別れを切り出された

といった別れの原因であれば、冷却期間は3ヶ月ほど必要になってきます。

依存されると他の女性と付き合いたくなる

男性は恋愛よりも本業を優先する生き物なので、恋愛では本業で使ったエネルギーを彼女に癒してもらいたいと考える傾向にあります。

癒してもらいたい相手に対して"重い"と感じてしまったら、「他の人に癒してもらいたい」と思うようになり、違う女性に目を向けます。

違う女性を意識している彼にアプローチをしても、逃げられてしまうだけ。

3ヶ月は冷却期間を置いて、彼の中にある「依存されていた」という印象が消えるまで耐えましょう。

彼の仕事が原因の場合はちょっと厄介

男性は、本能的に恋愛よりも仕事や本業を優先します。

「転職したばかりで仕事が落ち着かない」「仕事のストレスで余裕がない」「残業続きで君に構えない」こういった言葉が彼の口から出た場合は、「君との恋愛よりも自分の仕事をどうにかしたいんだ」というメッセージです。

彼が仕事を優先している場合は、一度自由な時間を与え解放してあげることが大切になります。

本業に集中し、余裕を取り戻すには割と長い期間が必要になるので、3ヶ月は冷却期間を設けたいところです。

喧嘩のしすぎは浮気されることも

喧嘩が積み重なると、彼は他の女性にぬくもりを求め始める恐れがあります。

男性は癒しを求めて付き合うことが多いので、居心地の悪さを印象付けると「別の人がいい」と思われてしまうことでしょう。

悪い印象を払拭するにはそれなりの冷却期間が必要になるので、喧嘩しすぎた方は大きく距離を取る必要があります。

冷却期間が"半年"必要になる別れの原因

  • "結婚はできない"と別れを切り出された
  • マンネリ化して別れを切り出された
  • "元カノが忘れられない"と別れを切り出された
  • 浮気されて別れを切り出された

こうした原因がきっかけで別れた場合は、半年の冷却期間は必要となります。

半年は結構長いですが、それに耐えられずにアプローチしすぎるともっともっと関係が崩れてしまうことも。

結婚を考えられない彼の気持ちを支配しているのは"罪悪感"

結婚できないから別れを切り出した男性の心理には、「このまま付き合っていても彼女の貴重な時間を奪うだけだ」という「罪悪感」が少なからずあります。

ちょっとやそっとの期間では罪悪感は消えないので、じっくり腰を据える必要があるでしょう。

しかし、結婚が考えられないのが障害となっているだけで、恋愛感情自体は失われていません。

これは後々チャンスになります。

時間を置かず焦ってアプローチをして、彼の中に残る恋愛感情さえも罪悪感で消されてしまわないよう注意しましょう。

マンネリ化はきっぱり距離を取るべし

マンネリ化が原因で別れた場合、新鮮さや変化を見せることが復縁を叶える鍵を握ります。

新鮮さは変化は、生半可な冷却期間では感じさせることができません。

逆に言えば、しっかり距離を取ればシンプルに復縁しやすいケースになります。

元カノに傾いている彼は放っておく

元カノに気持ちが向いている彼を強引に引き戻そうとしても、うまくいく可能性はかなり低いです。

男性は、簡単に手に入らないものに魅力を感じる生き物なので、アプローチされればされるほど余計に元カノに魅力を感じてしまいます。

こういう場合は勇気を出して冷却期間をたっぷり設けること。

離れていくあなたに対してもモヤモヤや関心が湧き、復縁のチャンスが芽生えるはずです。

浮気相手に夢中になっている彼は放っておく

元カノに傾いている彼は放っておくのと同様です。

浮気相手に夢中になる時は大抵、「自分が手にしていなかったものを手に入れることができた」という"喜びに恋している"ものです。

喜びは短時間でなくなるものですが、だからと言ってこちらから焦ってアプローチをすると逆にその喜びを助長させてしまいます。

また、浮気をする男性は独占欲が強いので、簡単にこちらからアプローチすれば「いつでも手に入りそう」と無意識に思われてしまうので熱も冷めがち。

以上の理由から、半年の冷却期間は設けるべきでしょう。

冷却期間が"1年"必要になる別れの原因

  • 彼の別れを受け入れず何度もすがった
  • セックスがうまくいかないことで冷められた
  • 婚約破棄をした(された)

これらは1年の冷却期間を作る必要があります。

頑固な男性は押してもダメ

彼に何度すがっても別れの決意が変わらなかったのは、それだけ「付き合っても絶対にうまくいかない」という気持ちで固まっていたからです。

頑固すぎる男性は、押しても押しても考えを変えることはありません。

頑固すぎる男性が考えを変えるのは、これからの日常や人生でなんらかの経験に影響された時。

些細な出来事がきっかけになって、「もしかしたら今ならあいつとうまくいくのかも」と急に考えが芽生えることも。

そういった展開が訪れるにはかなりの時間を要するので、じっくり1年の冷却期間を置いて彼を信じる時間を作りましょう。

セックスがうまくいかないと恋愛感情がなくなる

男性は基本的に女性よりも性欲が強いです。

彼女とのセックスがうまくいかないと、「一緒にいても満たされることはない」と考えてしまい、どうしても恋愛感情が湧かなくなります。

男性が女性と付き合う時はほぼ確実にセックスすることも考えるので、「この人と付き合っても結局セックスがうまくいかない」という先入観があると、いざ復縁のきっかけが訪れても復縁に前向きになってくれることはないでしょう。

男性にとってはそれくらい、セックスがうまくいかないことに対する精神的なダメージはでかいです。

1年の冷却期間を設けてお互い傷を癒しつつ、色んな経験を積んでいくことが大切になるでしょう。

婚約破棄をするくらい別れの意思が固い

婚約破棄になったということは、原因がどうであれ「婚約を破棄してまでも別れた方がいいんだ」と決心していることになります。

相当な決断だったはずなので、そう簡単に復縁しようとは思えないでしょう。

こういう時は、大きな大きな時間を置いてまずはお互いの関係をリセットすることから始めなければなりません。

関係をリセットするには、最低でも1年という冷却期間を設けるのは必須だと言えます。

冷却期間が"なし"でも復縁できる別れの原因

  • 両親や友達などの第三者に別れさせられた
  • 自分から勢いで"別れたい"と切り出した
  • 遠距離になることが原因でやむを得ず別れた

こういったケースでは、冷却期間はなしで大丈夫です。

お互いの意思ではない別れは時間を置かない方がいい

第三者によってやむを得ず別れた場合は、冷却期間を置かずにすぐ復縁を切り出すようにしましょう。

時間がたって相手に好きな人ができたり、恋愛感情が徐々に冷めてしまう恐れがあるからです。

勢いでの別れはすぐに撤回するべし

感情的になって不本意な別れを切り出した場合、数週間たってから復縁しようとすると「自分勝手だ」と思われる危険があります。

場合によっては、「他に好きな人がいたのかな」「違う人とうまくいかなかったら戻ってきたんだろう」といった勘違いをされることも。

すぐに別れを撤回することで、最小限のダメージでおさえることができます。

よって冷却期間は置かない方が良いでしょう。

お互い嫌いじゃない別れは冷却期間はなし

遠距離による別れも、1個目の"お互いの意思ではない別れ"になるので、お互いが嫌いになっていないのにやむを得ず別れとなった場合

"今の状況"による冷却期間の変化

ここまでは"別れの原因"による冷却期間の目安についてまとめてきました。

しかし冷却期間の長さは、"彼との今の状況"によっても長くなったり短くなったりします

例えば、"別れの原因では冷却期間が3ヶ月必要"という場合でも、今の彼との状況が"彼からLINEが来る"という場合は、3ヶ月よりも冷却期間が短くなると考えていいです

ここからは、「冷却期間が長くなる場合」と「冷却期間が短くなる場合」を"彼との今の状況"の観点からまとめていきます。

"別れの原因"の項目で冷却期間の目安がお分かりいただけたと思うので、そこから短くなるか、さらに長くなるか判断していきましょう。

冷却期間が長くなる"今の状況"

まずは、冷却期間が長くなる場合について見ていきましょう。

彼との今の状況によっては、"別れの原因"で目安にした冷却期間よりも長くなるかもしれません

辛いかもしれませんが、しかし前もって冷却期間の目安を知っておくことは復縁に有利になるので前向きに受け止めていきましょう。

別れた後もLINEやメールを"一方的に"送りつけている

別れた後、彼から返信が来ないのに連絡を送り続けている場合は冷却期間が長くなります

冷却期間の意味は、冒頭でお伝えしたように"彼の中にある「嫌い」「付き合いたくない」という感情が薄れるまでの期間"です。

彼が向き合う準備ができていないのに一方的に連絡を送り続けると、いつまでも「嫌い」「付き合いたくない」というネガティブな感情を思い出すようになってしまいます。

以上のような経緯がある場合は、さらに2〜3ヶ月ほどは期間を空けるようにしましょう。

連絡を遮断することで、縮められる距離もあるのです。

何度も何度も会おうとしている

連絡を一方的に送るのと同様に、彼が向き合う準備ができていないのに何度も会おうとする行動もNGです。

彼の中にあるネガティブな感情が和らがないと、会うことになかなか前向きになれません。

彼に向き合う準備ができるまで待ってあげることも愛情です。

この場合も、2〜3ヶ月ほど冷却期間を追加するようにしましょう

家の前で待つ・会社に行くなどの行動がバレた

相手を驚かせるような行動は、かなり悪い印象を与えてしまいます。

冷却期間は悪い印象を和らげるための期間なので、逆に悪印象を与えてしまうのはよくありません。

びっくりさせる行動で彼との距離ができてしまった場合は、さらに冷却期間を設けるようにしましょう。

この場合はさらに半年ほどの冷却期間を追加する必要があるでしょう。

別れ際に彼を"一方的に"責めた

別れる時に感謝や謝罪の気持ちを伝えるのではなく、とにかく一方的に責め続けてしまった場合は冷却期間が長くなります

この時、暴言や彼を傷つける言葉があればあるほど冷却期間は伸びていきますが、目安としては1ヶ月ほどさらに空けた方が良いでしょう。

しかし、感情的になって責めてしまった場合は「すぐに誠心誠意謝る」ことで和解できる場合も。

責め続けてしまった時には冷却期間ではなくしっかり謝罪することが良いです。

連絡先をブロックされている

元カノの連絡先をブロックしたくらい感情的になっていたわけなので、必然的に冷却期間も長くなります

連絡が取れないと、すぐにSNSを経由してなんとか繋がろうとしたりいきなり家に行こうとしたりしがち。

しかしそういう時こそ冷却期間を置いて契機を待つことが大切です。

ブロックされている場合は彼の中にある負の感情も強いので、3ヶ月ほどさらに設けるようにしましょう

体の関係だけ続いている

付き合わなくても体の関係を持つと、それ以上の関係を求めなくなってしまいます。

元カノに対して「支配した」という感覚が湧き、関心を失ってしまうからです。

すると「彼氏・彼女の関係にならなくてもいい」と思われてしまうので、復縁するのはかなりハードルが上がるでしょう。

体の関係は、彼と一緒にいられる幸せを感じられるので「ダメだ」と分かってもなかなか関係を切れないものです。

しかし、目先の幸せではなく復縁を望むのなら、冷却期間というよりも復縁するまでは絶対に体の関係を持たないと決心しましょう

冷却期間が短くなる"今の状況"

彼との今の状況によっては、冷却期間が短くなります

以下に当てはまるものがあれば彼にアプローチするチャンスかもしれません。

別れ際に彼が涙を流した

別れる時に彼が流していたら、冷却期間は短くなります。

涙は「本当にこのまま別れていいのだろうか」という迷いや不安の表れです。

迷いや不安があるうちにアプローチをした方が響くので、目安にしている冷却期間よりも2ヶ月〜3ヶ月ほど短くして大丈夫でしょう。

気まずさなく会える

別れても気まずさがなく会えるのは、お互い純粋に居心地の良さを感じているからです。

その場合は特別な関係と言えるので、冷却期間を置いてまでわざわざその関係をリセットすることはありません。

二人で気軽に・ぎこちなさなく会えるのなら冷却期間は一切置かなくて良いです。

ただしその代わり、会っている時の振る舞いや日常での連絡の仕方は工夫していく必要があります。

どういう工夫をすればいいかはこの先でまとめているので、参考にしてください。

彼発信の連絡がくる

別れてからも彼発信の連絡がある場合は、想定している冷却期間よりも短くして良いでしょう。

あなたとの繋がりをこれからも大切にしたいという合図になります。

相手から歩み寄ってきているわけですから、駆け引きする必要がない限り、変に距離を置く必要はありません。

目安とした冷却期間から2ヶ月ほど縮めても問題ないです。

"彼の性格"による冷却期間の変化

ここまで、"別れの原因"や"彼との今の状況"によって冷却期間はどのくらい変わるか紹介してきました。

さらに言うと、彼の性格によっても冷却期間は変わります

例えば、彼が寂しがりな性格をしている場合は通常の冷却期間よりも短くなります(理由は次の見出しから説明します)。

"別れの原因"と"彼との今の状況"に加えて"彼の性格"までもが冷却期間に影響すると説明され、ちょっと混乱してきたかもしれません。

しかしあくまで冷却期間は「大体の目安」が分かればいいのでザッと参考にする程度に読んでください(大体の目安でいい理由についても後述しています)。

冷却期間が長くなる"彼の性格"

まずは、冷却期間が長くなってしまう彼の性格をまとめていきます。

以下に彼の性格が当てはまる部分があれば、今想定している冷却期間よりも長くなると考えましょう。

とっても頑固

頑固な男性は、一度「こうだ」と決めたことをなかなか曲げられません

なので、一度「別れた方がいいんだ」と決心すると、その後も「これでよかったんだ」「また付き合ってもうまくいかないだろう」と勝手に決めつけるようになります。

するとなかなかネガティブな感情が消えず、冷却期間を置いても思うように彼の気持ちが変わりません。

よって、復縁したい彼が頑固者の場合は冷却期間はさらに1ヶ月ほど置くようにした方が良いでしょう。

プライドが非常に高い

プライドが高い男性は、自分から歩み寄ろうとしません。

一度関係が崩れた相手と打ち解けることも苦手とします。

この2つを考えると、冷却期間を置かずにアプローチをしても心を動かしにくいことが分かると思います。

よって、プライドが高い男性と復縁する場合は想定している冷却期間よりも1ヶ月ほど長くした方が無難でしょう。

冷却期間が短くなる"彼の性格"

続いて、冷却期間が短くなる彼の性格をまとめていきます。

復縁したい彼が以下の性格に当てはまれば、目安にしている冷却期間よりも短くなるでしょう。

寂しがり

復縁したい相手が寂しがりな性格をしている場合は、冷却期間が短くなります

人肌恋しい気持ちになることが多いため、こちらからのアプローチが受け入れられやすくなる可能性が上がるからです。

彼が寂しがりな性格なら、想定している冷却期間よりも1ヶ月くらいは短くして良いでしょう。

気分屋

気分屋な彼の場合、冷却期間を短くしても大きな問題はないでしょう。

気分屋な人は、ネガティブな感情を抱えにくい体質をしています。

彼が気分屋であれば比較的早くネガティブな感情が和らぐ(忘れられる)ので、冷却期間も早まるということです。

こちらも、想定している冷却期間より1ヶ月ほどは短くして大丈夫です。

冷却期間は"おおよその目安"で問題なし

"別れの原因"で大体の冷却期間の目安を判断できますが、そこから

  • 彼との今の関係性
  • 彼の性格

によって冷却期間はさらに変化することが分かっていただけたかと思います。

なので、冷却期間はあくまでざっくりとしか把握することができません。

しかし、冷却期間はざっくりでいいんです。

「大体これくらいの冷却期間を置けばいいかな」という感覚値を掴んでおくことが大切です。

なぜなら、冷却期間さえ置けたら何をしても復縁できるというわけではないからです。

冷却期間中・冷却期間後にやるべきことがもっと大切

大事なのは、冷却期間中や冷却期間を終えた後の行動です。

冷却期間は彼にとって必要な期間であって、"自分は何もしなければいい"わけではありません

せっかく冷却期間を置いても、その間に適切な行動を取らないとスムーズに復縁を叶えることができません。

また、冷却期間を頑張って乗り越えてもその後に間違った行動を起こせば距離はふたたび離れてしまいます。

なのでここからは、冷却期間中と冷却期間後にやるべきことをまとめることにします。

冷却期間中にやるべきこと

まずは、冷却期間を置いている間にやるべきことからまとめていきます。

別れの原因を振り返る

復縁はゴールではなく新たなスタートです。

また同じ繰り返しをすればふたたび別れることになります。

何らかの原因があって別れたはずなので、別れの原因を改めて振り返り自分自身を改めましょう。

例えば束縛が原因で別れたのなら、彼ばかりにならない生活を送れるよう「没頭できる趣味を見つける」といった行動を起こせますよね。

冷却期間中だからこそできる行動なので、改善点を見つけて何かしらの行動を起こしましょう。

プラスの変化を身につける

復縁するには、当たり前ですが彼と連絡したり会ったりする場面が必ず出てきます。

その時、「やっぱり前の悪いところが出てるな」「何も反省してないな」と思われてしまっては、せっかく置いた冷却期間も水の泡。

別れる前よりも魅力的な自分を見せられるよう、自分磨きをして変化を身につけましょう。

ダイエットしたり、本を読んで新しい価値観を身につけたり、メイクやヘアスタイルについて勉強したり、本業や趣味にやりがいを見出して新しい一面を身につけたり、、。

どういう変化が良いかは、別れの原因を元に考えるとスムーズかもしれません。

彼を考えない時間を作る

復縁願望が強ければ強いほど、冷却期間を乗り越えるのは辛い毎日の連続となります。

復縁のためとはいえ、心が病んでしまっては元も子もありません。

健康な精神状態をキープすることも大切になるので、彼以外に夢中になれるものを冷却期間中に見つけておくことが大切になります。

友達と会う頻度を増やしたり、資格の勉強をしたり、気になっていた趣味を見つけたり、、、何か新しいことを始めると良いでしょう。

彼以外のことを考える時間が増えれば、必然的に彼を考える時間が減り冷却期間を乗り越えやすくなります。

冷却期間を置いた後にやること

あなたは今日で冷却期間を無事乗り越えられたとします。

そこであなたは明日、彼にどういうアプローチをすればいいか理解できていますか?

もし"No"なら、続きを読んでください。

頑張って冷却期間を乗り越えても、その後の行動でヘマをすればふりだしに戻ります。

冷却期間後に起こすべき行動を知っている方は結構少ないので、ここで冷却期間後の動き方も一緒に知っておきましょう。

音信不通の場合:コンタクトを取る

音信不通の彼に対して冷却期間を置き終わった後は、とにかくコンタクトを取ることです。

  • 共通の知り合いを通してメッセージを伝えてもらう
  • SNS上からメッセージを送る
  • 家に手紙を送る

など、できそうな手段で彼とコンタクトが取れる行動を起こしていきましょう。

この時、伝える内容は必ず「できるだけ自然で」「彼が返しやすい」内容にすることです。

例えば、"彼しか知らない情報かつ緊急で聞きたいことを内容にする"など。

コンタクトを取る目的は、「自然な連絡をきっかけに、連絡のやり取りができるようになる関係性を築くこと」にあります。

連絡でやり取りできるようになれば友達関係に戻れる可能性が高まりますし、音信不通の状態から一つステップアップできるようになるでしょう。

  間違っても、復縁したい気持ちを熱く伝えたり謝罪や感謝の気持ちをぶつけたりしないようにしましょう。

音信不通の場合は警戒心を持たれていることが多いので、警戒心を持たれるような内容はなるべく避けることです。

連絡が取れている場合:会って変化を見せる

連絡自体は取れる状態にある彼に対して冷却期間を置き終えたら、一瞬でもいいから会って昔と違う自分を見せることを目標に動きましょう。

冷却期間を十分に取れていれば、彼は元カノに対して「最近は元気にしてるのかな」という気持ちが少なからず湧いてきます。

そこでなんとかしてお会いし、昔とは違うプラスな変化を見せられればだんだん彼は興味を示してくれるようになります。

例えば、「自分の話ばかりでちっとも僕の仕事の話とかは聞いてくれない」といった不満をぶつけられた経緯があるとすれば、会って親身に彼の話を聞いてあげる(変化を見せる)と好印象を残せますよね。

彼と会うことをゴールとするのではなく、会って少しでも新鮮な自分・彼にとってプラスに変化した自分を見せる意識を持ちましょう。

会えている場合:1日デートをする

会おうとすれば会える彼に対して冷却期間を取り終わったら、1日デートに誘いましょう

この時、

  • 昔と違うヘアスタイルで臨む
  • 新しい香水をつける
  • メイクを変えてみる

といった「新鮮さ」を出していくことが大切です。

冷却期間を終えていれば悪い感情は彼の中でなくなっているので、そこで新鮮さを出していくことで「今の君と付き合ってみたい」と思ってくれるようになります。

もちろん、性格や内面において彼に指摘された点があればそれらも改善する意識を持って振る舞うことです。

意識するだけでもあなたの振る舞いや話し方などは大きく違ってくるでしょう。

冷却期間を置かずに復縁する方法

ここまで冷却期間についてたくさんまとめてきましたが、きっと「こんな大変な思いはしたくない」「冷却期間なんて置かずに復縁したい」という気持ちも強くなってきたと思います。

実は、冷却期間を置かなくても復縁の可能性を上げる方法は3つあります。

冷却期間を置かずに復縁する方法1

復縁のおまじないの力を頼ることです。

おまじないと聞くと"気休め程度"と捉えてしまいがちですが、意外とバカにできません。

実際に"復縁できた"という口コミのある復縁おまじないのみをまとめた記事があるので、こちらもお読みください。

冷却期間を置かずに復縁する方法2

復縁を引き寄せる待ち受け画像を設定することです。

こちらも「待ち受け画像で復縁が叶うなんてありえるのかな」と思われがちですが、実は、どんな写真や画像には不思議な力が宿っているんです。

実際に復縁が叶ったという待ち受け画像をまとめた記事もあるので、あわせてお読みいただくことをおすすめします。

冷却期間を置かずに復縁する方法3

"彼の気持ちを知り、彼の気持ちに沿ったアクションを起こすこと"です。

この考え方は復縁の基本であり極意です。

彼の気持ちを知るには、復縁に特化した占いを受けることが一番。

名前や生年月日、血液型から彼の性格や現在の心境などを鑑定できるような占い師がいるので、その人たちの力を頼ることも手です。

今なら期間限定で、LINEで無料復縁占いを受け付けている復縁専門の鑑定士がいるようです。

まとめ

冷却期間とは、"彼の中に眠る「嫌い」「付き合いたくない」といったネガティブな感情が和らぐまで、こちらからアプローチをしない期間"です。

ネガティブな感情の強さは、別れた経緯や過程によって変わるので人それぞれ。

つまり、"復縁を成功させるにあたってどのくらいの冷却期間を置くのがベストなのか"も人それぞれになります。

冷却期間の目安は

  • 別れた原因
  • 彼との今の状況
  • 彼の性格

によってざっくり判断できればOKです。

大事なのは、記事中で紹介した

  • 冷却期間中にやること
  • 冷却期間後にやること

でして、これらを知っておかなければ冷却期間を頑張って乗り越えてもあまり復縁には近づけません。

もし冷却期間を乗り越えるのが辛かったり、できるだけ早く復縁を叶えたい場合は

  • 復縁のおまじない
  • 復縁の待ち受け画像
  • LINEの無料復縁占い

をすると良いでしょう。

ここまで読み切ったあなたは復縁に対してかなり真剣なはず。

その真剣さがあるだけでも、別れた時より魅力的になれているでしょう。

本記事で冷却期間についての知識も深まったことですし、自信を持って復縁に臨んでください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事