「元彼に連絡したいけど、振られた立場なのに送っていいのかな..余計に関係が悪化しそうだし、やめといた方がいい気もする。でも連絡はしたいし..どうしたらいいかわからない。」

こういう悩みで苦しんでいませんか?

しかし、焦って元彼に連絡せずこの記事にたどりついたあなたは冷静です。

振られた元彼に連絡する場合、送って良い時と悪い時があります

本記事では、あなたが元彼に連絡して良いのかどうか判断できるようになっています

また、送って良い場合は連絡の内容も紹介しているので参考にしてください。

連絡したい衝動にかられて勢いで連絡をしても、後悔することが非常に多いです。

本記事を読めば失敗することなく、連絡でスムーズに元彼との距離を縮められるでしょう

もくじ

【11/25(日)まで】LINEの復縁鑑定が無料!
 復縁の可能性は何%?
 いつ復縁できる?
 今なにをしたらいいの?
LINEであなたの復縁運を無料で占います! ※LINE友だち追加ページが開きます

連絡して良いかは"元彼に振られた原因"による

"振られた元彼に連絡して連絡して良いかどうか"の判断基準は「元彼に振られた原因」にあります

別れの原因によっては、すぐに元彼に連絡を送ってもOKです。

ここからは、連絡を送ってもOKな別れの原因と、連絡を送ってはいけない別れの原因をそれぞれ紹介します

ちなみに、送ってはいけない場合はずっと送れないわけではありません

別れの原因によっては一定期間が過ぎれば連絡を送っても大丈夫ですが、そのあたりは「元彼に連絡してはいけない場合の"別れの原因"まとめ"」の見出しで詳しく説明します

さて、まずは"連絡を送っても良い"場合の"別れの原因"を見ていきましょう。

元彼に連絡していい場合の"別れの原因"まとめ

以下の別れの原因に当てはまる場合は、元彼に連絡を送って大丈夫です

連絡を送って良い場合
  • 些細な喧嘩から勢いで振られた
  • 彼の嫉妬が原因で振られた
  • 両親や友達など第三者によって強制的に別れとなった
  • 遠距離になることが原因でやむを得ず別れた

なぜ送って良いのか、それぞれ理由を書いていきます。

些細な喧嘩から勢いで振られた

ちょっとしたことから揉め合いになって振られた場合は、元彼が"一時的に感情が高ぶって"勢いで別れを告げた可能性が高いです。

一時的な感情の高ぶりということは、少し時間が経てば感情は落ち着きます

感情が落ち着くに伴って、別れたことに対する後悔や疑問も芽生えてくるでしょう。

なので、あなたから連絡を送っても元彼は向き合ってくれる見込みがあるわけです。

送るべき連絡内容

ではどういう連絡を送れば良いかといいますと、「謝罪」の連絡です。

喧嘩は素直に謝罪するのが一番です。

謝罪されて嫌な気持ちにはならないですし、むしろ、気まずい中わざわざ歩み寄ってくれたという好印象を元彼に与えます。

こないだはごめん、言いすぎたなってすごく反省してる。

今考えたら、○○(元彼)の言う通りだなって思ったよ

シンプルに・重くならない程度に・元彼に歩み寄る形で謝罪の連絡を送りましょう。

彼の嫉妬が原因で振られた

恋愛感情がなければ嫉妬心は生まれません

嫉妬で振られた場合は元彼に恋愛感情が残っていることになるので、むしろ時間を置かずに連絡を送った方が良いです。

送るべき連絡内容

こちらも謝罪の連絡がいいのですが、ひとつポイントがあります。

嫉妬で別れを告げるくらいですから、元彼は相当プライドが高いです。

プライドが高い男性には、とにかく下に出ること・相手を立ててあげることがポイントになります。

ものすごく不快な気持ちにさせて本当にごめんね。

わがままになっちゃうけど、やっぱり○○(元彼)がいないと私ダメみたいなんです。

改めて○○が一番だって思ったんだ。

というふうに、謝罪しつつ元彼に純粋な愛情を表現しましょう。

もちろん、いくらこちらが歩み寄ってもへそを曲げられることは十分に考えられます。

それでもスタンスは曲げず、じっくり向き合ってあげてください。

両親や友達など第三者によって強制的に別れとなった

第三者によって別れさせられた場合は、当然ながら元彼にも恋愛感情は残っています。

例えば、"両親に付き合いを反対された"など。

しかし時間を置いてはその恋愛感情が冷める恐れがあるので、連絡を送った方が良いでしょう。

送るべき連絡内容

この場合は元彼に恋愛感情が明らかにあるので、不快にさせる内容以外ならどんな内容でも大丈夫です。

やっぱりこのまま疎遠になるなんて嫌だし、考えられないよ。

このように、切実な気持ちを伝えてさらに愛を深めるのも良いですね。

遠距離になることが原因でやむを得ず別れた

どちらか一方の転勤で離ればなれになった・親の都合で遠くに行くことになったなどの原因で遠距離になった場合は、元彼にまだ恋愛感情が残っているはず。

こちらも同様、時間を置いて恋愛感情が冷めないよう連絡を送るべきです。

送るべき連絡内容

恋愛感情があるので、こちらもどういう連絡内容でもOKです。

そっちの生活どう?笑

ただし、遠距離で寂しいからと言って「会いたい」「寂しい」というを送り続けるのは控えましょう。

恋愛感情よりも重さの方が勝り、元カノに対する印象が「負担」に変わってしまうからです。

いくら恋愛感情があるからと言って、そこに甘えれば気持ちは冷めていきます。

元彼に連絡してはいけない場合の"別れの原因"まとめ

続いて、元彼に連絡をすぐに送ってはいけない場合を"別れの原因"別にまとめます。

しかし、あくまで"すぐに"送ってはいけないだけで、別れの原因によっては"一定期間が過ぎたら連絡を送っても良い"こともあります

別れの原因が元彼にとって傷付くもの・苦しいものなら長めの期間を空けなきゃいけません。

逆に、そこまで重くない別れの原因だった場合はあまり期間を空けなくても済みます。

元カノに対する負の感情がたまっているうちはどんなにアプローチしても余計に引かれてしまうだけなので、一定の期間を空けて連絡しなければ関係は悪化します。

別れの原因が以下に当てはまる場合は、そこに書かれている期間が過ぎるまでは連絡を送らないようにしましょう。

"1ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因

まずは、"別れてから1ヶ月間は連絡しない方がいい別れの原因"から紹介します。

"1ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因
  • 元彼の一人の時間を奪いすぎて振られた
  • 自分の浮気が元彼にバレて振られた
  • ぎこちなくて振られた

それぞれ場合、1ヶ月は連絡までの期間を空けた方がいいです。

理由は以下に書きます。

元彼の一人の時間を奪いすぎて振られた

男性は、好きな女性と付き合うと今度は自分の時間を優先するようになります。

その欲求が満たされないと別れを意識しますが、別れて1ヶ月もすれば自分の時間ができ、欲求が満たされます。

一人の時間に満足すれば、ふたたび恋愛感情が強くなり異性を意識し始めます。

なので、1ヶ月連絡を控えて元彼の欲求を満たしてあげたのちに連絡を送ることで、良いタイミングで復縁できる可能性が高まります。

自分の浮気が元彼にバレて振られた

浮気で振られた場合、元彼には「物足りなさ」が残っている可能性が高いです。

しかし浮気で傷付けられた部分もあるはずなので、それなりに時間を置いて元彼を冷静にさせる必要もあるでしょう。

また、勝手に浮気しておきながらすぐに連絡を送っても、自分勝手だと思われる恐れもあります。

なので、傷を癒しつつも元彼の中にある「物足りなさ」が消えない程度に連絡した方が良いため、1ヶ月ほど連絡を控えると良いです。

"3ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因

次に、"別れてから3ヶ月間は連絡しない方がいい別れの原因"のまとめです。

"3ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因
  • 束縛しすぎて振られた
  • 元彼の仕事が忙しい理由で振られた
  • 喧嘩の積み重ねが原因で振られた

以下に理由を書きます。

束縛しすぎて振られた

「付き合ったら束縛する」というレッテルが貼られると、元彼は復縁に前向きになれません。

とはいえ、束縛したこと自体に悪い印象を持っているだけで元カノ自身を嫌いになったわけでもないです。

なので3ヶ月ほど連絡を控えれば、束縛した印象は徐々に消え、元カノの魅力的だった部分だけ元彼の中で思い出されるようになるでしょう。

元彼の仕事が忙しい理由で振られた

本当に好きならば、仕事が忙しくても恋人との時間は作ります。

いくら仕事が忙しくたって、付き合う前は元彼の方から猛烈にアプローチしてきたはず。

つまり"仕事が忙しい"は嘘で、本当は「付き合っても癒されない」「疲れている時に会おうと思えない」といったところが原因である可能性が高いです。

こういう時に追えば追うほど引いてしまうのが男性ですが、逆に3ヶ月ほどきっぱり距離を置けば物足りなさを感じ始めます。

そこでこちらから連絡を送ることで、元彼の意識をこちらに向かせることができるはず。

喧嘩の積み重ねが原因で振られた

男性にとっての本業は仕事や勉強・自分のやりたいことです。

なので恋愛に対しては「癒し」を求めることが多いですが、肝心の恋愛で喧嘩が積み重なると「癒し」の目的が達成できないことになり、結構な悪印象になります。

しかしかなり時間を置く必要はありません。

喧嘩は元彼にも原因があるかもしれませんし、期間を空ける中で元彼自身も反省する可能性があるからです。

よって3ヶ月ほど時間を置いたのちに連絡を送ることで、「あの時は悪かった」と元彼の方から歩み寄ってくれる展開も見込めるわけです。

"6ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因

次は、"別れてから6ヶ月間は連絡しない方がいい別れの原因"です。

"6ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因
  • "結婚はできない"と言われ振られた
  • マンネリ化が原因で振られた
  • 元彼の浮気や他に好きな人ができたことが原因で振られた

それぞれの理由を説明します。

"結婚はできない"と言われ振られた

「結婚できない=将来が見えない」ことになります。

将来が見えない元カノとの復縁に前向きになるには、元彼の価値観や考え方が変わる必要があります。

価値観や考え方を変えるのはほぼ不可能なので、時間が解決してくれるのを待つしかありません。

半年たてば、元彼の心境がガラッと変わるかもしれないので、その頃を目安に連絡してみて反応をうかがうのがいいでしょう。

マンネリ化が原因で振られた

恋愛で刺激を感じなくなればどうしても新しい存在を求めたくなるもの。

その状態の元彼にいくらアプローチをしても絶対に響きません。

とはいえ、男性にとって刺激的な恋は短期的な欲求であって、ずっと一緒にいたくなるパートナーに対しては「安定」「リラックス」を求めることが多いです。

マンネリ化が原因で別れた場合は、短期的な欲求が満たされれば戻ってきてくれるケースが結構あります。

半年ほど空けば元彼は欲求が満たされ、元カノの存在の大切さに気がつくことになるでしょう。

元彼の浮気や他に好きな人ができたことが原因で振られた

他の存在を手に入れたい一心になっている男性に、どれだけアプローチをしても響きません。

ひたすら待ちの姿勢を貫くのが大切です。

しかし、手に入っていないから他の存在が気になっていただけで、手に入ってみれば「元カノの方がよかったかも」と気づくケースも多いもの。

半年ほどでそのような気づきを自発的に得てもらえるかもしれないので、半年たったら連絡をしてみるのもアリでしょう。

"1年"は連絡を控えるべき別れの原因

最後に、"別れてから1年は連絡しない方がいい別れの原因"です。

"6ヶ月"は連絡を控えるべき別れの原因
  • 別れ際に何度もすがった
  • 婚約破棄をした(された)
  • 体の相性が原因で振られた

1つ目と2つ目は別れの原因ではないですが、もし当てはまる場合は1年は空けた方がいいでしょう。

体の相性が原因で別れた場合も1年は必要です。

理由は以下です。

別れ際に何度もすがった

時系列的に考えれば、"元カノの別れ際の態度"は元彼にとって"付き合っていた頃の一番新しい記憶"になります。

何度もすがっていた元カノが心の中に残ることになるので、元カノとの復縁を考えようとしても、同時に罪悪感や「これ以上元カノを苦しませたくない」という気持ちが生まれます。

どうしても復縁を考えられない要因になってしまうんですね。

そのネガティブな印象は完全に取っ払わなければならないので、1年は期間を空けたいところです。

婚約破棄をした(された)

婚約破棄は、よっぽどのことがない限り起きません。

婚約破棄をしてでも離れた方がいいと判断したわけなので、そのネガティブな気持ちを変えるにはちょっとやそっとの時間では足りないでしょう。

お互い離れて冷静になりつつ、お互いが変化・成長する期間が必要になってきます。

これらを加味すると1年は妥当です。

きっぱりと距離を置いて、それでもお互いがお互いを求めあえば復縁できるはず。

体の相性が原因で振られた

かなりデリケートな問題になるので、距離を置けばどうにかなるわけではありません。

セックスはコミュニケーションの一つですから、それが日常的にうまくいかないのは大きな障害になります。

お互いいっぱい時間を取って離れて、それでもお互いが求め合えば体の相性の問題は克服していけるはず。

元彼が求めてくれるまで待つことに賭けつつ、体の相性について学ぶようにしましょう。

元彼との"今の関係性"によってはすぐに連絡してOK

もしあなたと元彼の現在の関係が、以下で紹介する項目に当てはまれば連絡は控えなくて大丈夫です。

連絡を控えずに済む元彼との今の関係性
  • 彼発信の連絡がくる
  • 気まずさなく会える
  • 別れ際に彼が涙を流した

理由を以下にまとめます。

元彼発信の連絡がくる

こちらから送らずとも元彼が連絡を送ってくる場合は、あなたとの居心地の良さを感じている合図になります。

なので、わざわざ連絡を控えて距離を置く必要はありません。

友達関係をキープしつつ、前よりも成長したところや魅力的になった一面を見てもらいましょう。

気まずさなく会える

どちらか一方が誘って会える場合は、連絡を控える必要はありません。

会える=あなたとの空間に抵抗がないという証拠なので、こちらも接触を重ねながら変化や成長を見せていきましょう。

もちろん、駆け引きをするためにあえて距離を置くのも手段の一つではありますが。

別れ際に元彼が涙を流した

別れる時に元彼が涙を流した場合、あなたと離れることに疑問・迷いの気持ちがあったと言えます。

言い換えれば"離れたくない"気持ちも少なからずあったということ。

この場合、元彼の中に熱が残っているので距離を置く必要はありません。

連絡を送るまでの期間=冷却期間

実はこれまで紹介した「連絡を送るまで期間」は、言い換えると「冷却期間」です

冷却期間について学びを深めると、関係が悪化せずに順調に元彼との距離を縮められます。

詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

期間を空けたあとに送るべき連絡内容

期間を空けたあとに送る、元彼との距離を縮めるための連絡内容をまとめます。

期間を空けたあとに元彼へ送る連絡内容
  • 急いだ用件での連絡
  • 誕生お祝いの連絡
  • ご飯に誘う連絡
  • 仕事の悩みを打ち明ける連絡
  • 元彼の趣味・得意なことに関する連絡
  • 親しい共通の友達に関する連絡

これらが良いでしょう。

その理由や例文・返信がきた時の対処法などは以下の記事に書いてあるので、参考にしてください。

逆に送ってはいけない連絡や注意点についてもまとめているので、どういう連絡を送れば良いか分からない方は必見です。

冷却期間を乗り越える方法

別れの原因によっては、1年も待たなきゃいけない場合もありましたよね。

連絡を送るのは怖いですが、しかし何もしてはいけないというのもまた辛いです。

そこで、連絡して良いタイミングになるまでの過ごし方も紹介します。

元彼のSNSを覗かない

冷却期間中、元彼のSNSは見ないでください。

復縁したい相手のSNSを見て良い気分になることはほぼありません。

自らネガティブな気持ちにおちいるだけなので、我慢しましょう。

没頭できる趣味を見つける

何かに没頭できれば、元彼を考える時間が減ります。

冷却期間中は、元彼を考えない時間を作ることが大切です。

毎日元彼を思い出すと冷却期間は非常に長く感じますが、元彼から離れるとあっという間に時間が過ぎるもの。

復縁したい気持ちはとても素敵ですが、復縁したい気持ちに何もかも支配されるのはよくありません。

何かに打ち込んで、復縁の呪縛から逃れましょう。

一人の時間を減らす

人間は一人で考え込むとネガティブに考える傾向にあります。

元彼に連絡したいという衝動にかられる時は、ほぼ一人でいる時です。

自分だけで溜め込むと衝動がどんどんたまるので、人と会って気持ちを分散させましょう。

友人と話してころっと元気になるかもしれませんし、同じ恋愛に悩む人たちで集まって語り明かしたら気分が晴れるかもしれません。

一人で抱え込みすぎないことです。

今すぐ復縁を叶えたい時にやるべきこと

連絡までの期間を空けなくとも、すぐに復縁を叶える方法があります。

それは、元彼の気持ちを知り、元彼の気持ちに沿った行動を起こすことです。

とはいえ元彼の気持ちや行動を知るのは難しいですよね。

しかし、復縁に特化した凄腕の占い師ならばそれらをすぐに教えてくれます

下記をタップすると、復縁に特化した凄腕の占い師と友だちになれるとともに、すぐにあなたの復縁の運命を完全無料ですぐに占ってくれます。

復縁の可能性を上げる方法を教えてくれるはずなので、ぜひ試してみてください。

まとめ

元彼に連絡していいかどうかは、元彼と別れることになった原因によります。

すぐに連絡していい場合もあれば、1年以上待たなきゃいけない場合もあります。

別れの原因に応じて、元彼への連絡のタイミングを見極めましょう。

もし連絡するまでの期間が長ければ、完全無料のLINE復縁占い復縁のおまじない復縁の待ち受け画像の設定など行うといいです。

ここまで読んだあなたは冷静ですから、きっと元彼との関係も進展するはず。

【11/25(日)まで】LINEの復縁鑑定が無料!
 復縁の可能性は何%?
 いつ復縁できる?
 今なにをしたらいいの?
LINEであなたの復縁運を無料で占います! ※LINE友だち追加ページが開きます

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事