【メール・LINE】元カレに復縁したいと思わせる方法8選まとめ!

元カレと復縁したい時、彼自身にやり直したいと思ってもらうにはどんなアプローチや行動をすればいいのか悩むものですよね。

直球で迫ってもなかなか上手く行かない、好きな気持ちが先走って復縁に失敗してしまうと言うのはよくあるケースです。

自分の気持ちや焦りに流されないように、ナチュラルなきっかけを与えスムーズなアピールをすることで復縁のチャンスや可能性を手に入れましょう。

この記事では、元カレに「復縁したい」と思わせるためのLINEやメール、効果的な方法をお伝えします!

【8/25(日)まで】
LINEの復縁占いが無料!
 復縁の可能性は何%?
 いつ復縁できる?
 今なにをしたらいいの?
LINEであなたの復縁運を無料で占います! ※LINE友だち追加ページが開きます

LINEで元カレに復縁したいと思わせる方法


LINEを使えばメッセージのやり取りはもちろん、その他の機能を使って効果的かつ間接的に元カレに意識してもらえるチャンスを生み出せます。

LINEの機能を使って間接的に彼の気になる心をくすぐろう

元カレに直接連絡する前に注目して欲しいのは、LINE内で間接的にアピールできる下記3つの機能です。

・プロフィール写真
・ステータスメッセージ
・タイムライン

これらの機能を使ってどのように彼に復縁したい心を芽生えさせる方法をお伝えします。

プロフィール写真を新しくする

プロフィール写真(アイコン)を新しいものに変更しましょう。

変更と言っても頻繁に適当な写真に変更するのではなく、自分が女性らしい魅力を感じさせるようなものにしましょう。

最近のもので、海やプールに行った時に撮った全体的に写りやバランスの良い写真や画像加工アプリでキレイに撮れた写真でも良いです。

元カレのタイプや男心を考えた演出をしましょう。

魅力的なイメージが彼の視覚に入ることで、「今、会ってみたい!」と気持ちをくすぐるのです。

元々好きだった彼女がより一層綺麗でセクシーになっていれば、男性としては気になってしまい後悔も生まれます。

特にもしそれが彼にとって寂しい時期や恋愛に前向きになっている時期であればより一層効果的です!

ステータスメッセージの更新

LINEのステータスメッセージでは、連絡先一覧に出てくる自分の名前の横にメッセージを添えることができます。

長々とメッセージを添えたり毎日更新しても重苦しくしつこくなってしまうので、一覧に全文が載るように10文字前後で簡単なメッセージやフレーズを一言記入するようにしましょう。

どんなメッセージを入れたらいいかわからなければ、ハッピーな顔文字やハートが添えてあるだけの絵文字でも意味深に見えます。謎や影のある掴みづらい女性に男性は惹かれるものです。

また、ステータスメッセージを更新することによって元カレの友達欄の一番上に更新のお知らせが表示されるので、自然に目がつきやすくなります。

タイムラインの更新について

タイムラインを頻繁に更新している人は今すぐやめましょう。

自分の情報をアップデートするのは、相手に現在の様子をどんどん提供しているのと同じなので、ミステリアスさがなくなり関心も薄れます。

もっと知りたい!と言う気持ちや興味が元カレに復縁をしたいと思わせる鍵なのです。

それでも例えば1ヶ月に1度の頻度で楽しいことをした!など書き込むのは、誰とどこに行ったかなどのポイントさえ開示しなければ相手の興味を引き立てる手助けになります。

LINEのタイムラインだけではなく、その他のSNSを持っている人は同じようにアップデートは最低限のものだけにして相手の興味を育てましょう。

重すぎる長文には注意!呼吸を合わせた短文で駆け引きを

さて、プロフィール写真やタイムラインを見て相手が興味を持って連絡してきてくれればいいですが、なかなか上手く行かないこともありますよね。その場合には自分から元カレに連絡をしなければいけません。

元カレに久しぶりにメールを送る場合、復縁をしたいことを全面に押し出したメールは絶対に避けましょう。聞かれてもいないのに自分の近況などをつらつらと書くのも逆効果です。

大事なのは相手にその気になってもらうこと。メールは自然なタイミング、元カレがプレッシャーや変に身構えないタイミングで送り、少しづつ会話を広げて彼の気持ちを高めていくようにしましょう。

例えば、彼の誕生日やお正月であれば簡潔にさらっと短いメールを送ることができます。気楽かつ簡単にやり取りが始められる内容のメッセージからはじめましょう。

それでも返事がこない場合には学校や職場でどうしても情報が必要で、など緊急性を持たせて彼の得意な分野に関する質問をするのも手です。

”好き”は隠して既読や返信のタイミングを意識しよう

簡単なメールから話しが盛り上がり、彼から返事が来るようになっても焦ってすぐに押せ押せにならないように注意しましょう。

ガツガツと必死さが伝わっては彼も構えたり引いてしまい、復縁したいと思う気持ちや興味は一気に薄れてしまいます。特にメールの返事や既読を普段すぐにする人はその点に注意しましょう。

自分の充実度を遠回しにアピールするためにも、やり取りの速度は相手に合わせましょう。

元カレのメール確認がマメな場合は返信や確認をすぐにしたくても、彼の倍、もしくは1日に数件と決めてゆっくり回数を増やし関係を盛り上げて行きましょう。

メールで元彼に復縁したいと思わせる方法

さて、LINEではなくメールでのやり取りをする場合、メールならではの利点もいくつかあります。状況と自分、相手の性格に合ったアプローチを使い分けましょう。

簡単に見返せる!誕生日など特別なやり取りはメールで

お誕生日やお正月、もちろんLINEでもメッセージを送ることはできますが、こう言った大事なイベントや特別な日はメールを送るのも効果的です。

LINEだと古いメッセージはどんどん後ろの方に行ってしまい見返すのがむずかしく、なかなか特別感の演出はできません。

付き合う前から、ここぞという時には件名をしっかり入れてメールを送っておくことにより、見返しやすくかつ内容もわかりやすくなります。

メールの整理中などふとした時に目に入っていい思い出を振り返ることができるチャンスが広がるので、元カレが意識するチャンスを与えるきっかけになります。

既読サインを気にする人はメールで落ち着いた対応をしよう

メールには既読サインがないという利点を活用しましょう。

読んでいるかどうか気になってしょうがない人や相手にメールが読まれたことをすぐには知られたくない人は、既読サインに縛られず落ち着いて対応できる良い機会になります。

LINEは次から次へと簡単にメッセージを送ることができるので、そのスピードや簡略化によって駆け引きの重要性が薄れますが、メールでは下書きをしてから送ったり、内容を重視して落ち着いて対応することができます。

相手も既読をつけてすぐに返信しなければいけないと言う心理的負担から解放されるので、じっくり返事を考える余裕もできます。

緊急の要件じゃなければメールではしっかりと意味のあるやり取りができるので元カレの性格によって機能を使い分けましょう。

彼の得意分野を質問、協力してもらいたい時はメールでオファー!

LINEやSNSが普及している今ではなかなか携帯のメール機能を活用していない人も多いです。

そんな中、LINEではまとめにくい内容の質問をメールで送れば彼も見返しやすく返信もしやすくなります。

例えば彼がレストランのことをよく知っていて食べることが好きなのであれば、下記のように送れます。

「再来週、友達の誕生日におしゃれで美味しいイタリアンに連れて行きたいんだけど、〇〇くんレストランのことよく知っているから、渋谷でおすすめのお店を3軒くらい教えてもらってもいい??時間がある時に協力してくれると嬉しいです。」

再来週ということで彼にも時間の余裕を作り、かつ自分で待つ期間を設定しているので送ってからドキマギしなくて済みます。更に、協力やよく知っているなど、褒められたり頼られたりして嫌な気持ちになる男性はあまりいないのです。

上記のように、用途によって返しやすい内容のメールを送ってみるのも彼の返信したい、復縁したい心をくすぐる手になります。

別れた後、別れ方の注意ポイント

元カレに復縁したいと思ってもらうには、別れ方は非常に重要です。

別れる時にすでにそのきっかけになる気持ちの構築がはじまっているのです。

最後に話した別れの状況や行動が彼の中でのあなたの印象や今までの関係性を決めます。

冷静になる

振られてしまった場合、なんで?どうして?好きなのに!と言う気持ちが溢れ出てきて辛くてしょうがなくなると思います。

そこで頑張って繋ぎとめようとしても、彼の気持ちはすでに離れてしまっているので、その関係性が良くなるのはなかなか難しいです。

カップルが別れ話をしていて、女性が泣いて彼氏に訴えている画を想像してください。

自分のことなので客観的になるのは難しいと思いますが、繋ぎとめようとすることは、その画や印象が最後に彼に植えるけられる図になると言うことです。

もしも別れるということになったら、好きな気持ちが残っていたとしても彼の意見を尊重して潔くかっこいい女性でいるように努力しましょう。

そうすれば、間違いだったかな?早まったかな?という気持ちが彼の心に残るのです。

自分の意見を強調するのはNG

別れたことは受け入れるけど、「最後まで自分の気持ちをしっかり伝えなきゃ」「悪いところがあれば直したいから」「試されているのかも?」など思い彼に主張するのもマイナスです。

別れを切り出すまでに彼もたくさん考えたと思います。悪いところや合わなかったところ、積み重ねてできた思いやシチュエーションがあり、そのストレスの中で覚悟を決めて伝えているのです。

同情をひいたり、懇願するのは彼にもストレスを与えて最悪の印象、終わり方になるだけです。万が一彼が優しくてそこで思いとどまったとしても、すぐに同じことが繰り返されます。

復縁したいと思わせるには別れはしっかりと受け入れ、彼の意見や理由があれば聞いて、謝罪をするべき部分があれば謝罪、と同時に今までの感謝を伝えましょう。

楽しかった思い出や感謝の中に、本当は一緒にいたいけどお互いのためなら、という程度で自分の思いもしっかりと伝えるとあっさりすぎる印象にもならず彼に最良のイメージを残すことができます。

すがらない

上記でも「受け入れる」大切さを書きましたが、絶対に守って欲しいことはすがらないと言うことです。

別れるに当たって色々とポイントはありますが、いざその場面になると冷静に対処できなくて理由を知るために彼を責めてしまうような質問をしてしまうかもしれません。

そうすると、すでに失われ始めてる彼の気持ちにはもっともっと拍車がかかってしまいます。

もしも冷静に対処する自身がなければ、「絶対にすがらない!」ということだけ強く意識するようにしましょう。

すがってしまうことによって好意が減っている状態からさらにマイナスの感情や印象が残り、復縁したいと思わせる可能性は圧倒的に低くなるのです。

お互いが充電できる期間を開けよう

別れた後には寂しく、連絡したい気持ちでいっぱいになるかもしれませんがそこはグッとこらえて我慢しましょう。

最低でも2ヶ月〜6ヶ月程度、彼以外に集中して充実できるものをやりながら次に会った時のことを考えて自分をしっかり磨きましょう。

その間に新しい彼女ができてしまったらどうしよう!と心配になるかもしれませんが、それより早くアピールしても何かが変わっていたり彼にまたやり直したいと言う思いが沸いてくる可能性は低いでしょう。

この充電期間中は先にも書いたように、極力自分の情報や影をSNSなどに出さないようにして、数ヶ月後にLINEやメールでのスキルを使って充実度を見せて行きましょう。

男性は簡単に手に入って見えるものよりも、不鮮明なものが気になります。

魅力的で謎めいた、知っているはずなのに自分の知らないあなたをみて「追いかけたい」「復縁したい」と思うのです。
 

まとめ

元カレに復縁したいと思わせるには、下記の行動やスキルが大事になります。

・LINEやメールを使って元カレの興味を掻き立てる
・復縁に繋がるキレイな別れ方
・充電期間にしっかり自分自身を成長、充実させる
・追いかけたくなるような女性になる

LINEやメールの機能を使って間接的、直接的にアプローチすることで彼の興味を少しづつ膨らまし、また会いたい、話したいと思ってもらいましょう。

きっかけを掴んだ後は新しい魅力、一つ一つの行動を使い彼の思いを成長させて行くのです。

自分の気持ちを押し付けず、相手の気持ちを思いやり元カレが追いかけたくなるような余裕のある魅力的な女性になり「復縁したい」と思わせましょう。

【8/25(日)まで】LINEの復縁鑑定が無料!
 復縁の可能性は何%?
 いつ復縁できる?
 今なにをしたらいいの?
LINEであなたの復縁運を無料で占います! ※LINE友だち追加ページが開きます

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事